ゲート・明治維新・趣都

電気街から萌え街へ、萌え街からおなじみのありふれた繁華街へ。日々変貌しつつある秋葉原を見ていて、かつての電気街に郷愁を覚えないと言っては嘘になる。アニメ美少女が発散させる萌え成分をもっと抑制した電気街、チェーンの系列傘下にある飲食店の進出がもっと少ない電気街。そんなものが平行世界としてあってくれたらと、『シュタインズ・ゲート』の鳳凰院凶真こと岡部倫太郎でなくとも、つい、ないものねだりをしてしまいそうだ。ソフマップが警察に摘発された時代を知る若者は、今どれくらいいるのだろうか。
 
秋葉原の地名は町の少々裏手に建立されている秋葉神社に由来する。この神社、静岡県秋葉大権現を勧請したものではなかったが、たび重なる火災のせいでいつしか火伏せの神として人びとによって祀られるようになったらしい。安丸良夫『神々の明治維新』は、遠江国秋葉山の勢力争いについて書く。神仏分離令が出たあとの秋葉山で、寺院と神社のいさかいが生じる。あくまでも秋葉山は寺院であるという主張に対し、神社側が国と結託して山を乗っ取ってしまう。坊さんたちは山を降ろされ別地へ移された。しかし火伏せの神である三尺坊大権現に人気があって、寺院は引き続き繁盛し、秋葉山を奪った神社のほうは没落してしまった。その後、和解がなされるまでに長い時間が必要だったらしい。
 
豊かさの象徴であった白物家電の没落と、高度経済成長期の進歩的な活力の喪失。かつて国民によって夢見られていた〈未来〉が首都である東京から消え去っていくとき、歯抜けのようにあらわれた空白を個人の欲望が充填していく。ここに90年代以降の秋葉原が登場する。そのように指摘するのは、森川嘉一郎趣都の誕生』である。本来個室でのみ許されていたきわめてプライベートな趣味が街に氾濫する。経済を主導していた60年代の「官」から80年代の「民」を経て、ついにオタクに代表される「個」が一国の主役の座に躍り出てきたのである。

 

神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈 (岩波新書 黄版 103)

神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈 (岩波新書 黄版 103)

 
趣都の誕生―萌える都市アキハバラ (幻冬舎文庫)

趣都の誕生―萌える都市アキハバラ (幻冬舎文庫)