ハヤカワ文庫創刊50周年記念フェア 名著50選

読書家のひとには今さら説明を必要としないラインナップでしょう。もしかしたらすべて読んでしまっているひとがいてもおかしくないくらいの鉄板のラインナップ。それでも伊藤計劃など、新しめの作品もちらほら混じっているようです。わたしがこのなかからあえて3点をプッシュするなら、

1.伊藤計劃ハーモニー〔新版〕
2.J・キャンベル、B・モイヤーズ『神話の力
3.アガサ・クリスティーオリエント急行の殺人

といったところでしょうかね。「1」は百合です、ディストピアです。「2」は〈物語〉を構造的に考察します。「3」は本もいいんですが、映画がいいんですよ、俳優さんが豪華絢爛で。1974年に公開されたアルバート・フィニーイングリッド・バーグマンの作品をオススメします。話がズレましたね。

ハヤカワ文庫SF

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

フィリップ・K・ディックアンドロイドは電気羊の夢を見るか?
アーサー・C・クラーク2001年宇宙の旅〔決定版〕
カート・ヴォネガット・ジュニアスローターハウス5
ハーラン・エリスン世界の中心で愛を叫んだけもの 
ウィリアム・ギブスンニューロマンサー
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアたったひとつの冴えたやりかた
グレッグ・イーガンしあわせの理由
アイザック・アシモフわれはロボット 〔決定版〕
アルフレッド・ベスター虎よ、虎よ!
レイ・ブラッドベリ火星年代記
スタニスワフ・レムソラリス

 

ハヤカワ文庫NV

寒い国から帰ってきたスパイ

ジョン・ル・カレ寒い国から帰ってきたスパイ
アリステア・マクリーン女王陛下のユリシーズ号
ジャック・ヒギンズ『鷲は舞い降りた
マイクル・クライトンアンドロメダ病原体〔新装版〕

 

ハヤカワ文庫JA

そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))

原尞『そして夜は甦る
伊藤計劃虐殺器官〔新版〕
皆川博子死の泉
神林長平戦闘妖精・雪風〈改〉
円城塔Self-Reference ENGINE
冲方丁マルドゥック・スクランブル〔完全版〕1
葉室麟オランダ宿の娘
小林泰三見晴らしのいい密室
伊藤計劃ハーモニー〔新版〕
谷甲州航空宇宙軍史・完全版一

 

ハヤカワ・ミステリ文庫

幻の女〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ウィリアム・アイリッシュ幻の女〔新訳版〕
エラリイ・クイーン『災厄の町〔新訳版〕
レイモンド・チャンドラー長いお別れ
ハリイ・ケメルマン『九マイルは遠すぎる
ロアルド・ダール あなたに似た人〔新訳版〕1
ジョセフィン・テイ『時の娘
ティーヴ・ハミルトン『解錠師
スティーグ・ラーソンミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
スティーグ・ラーソンミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下

 

ハヤカワ文庫NF

われらをめぐる海 (ハヤカワ文庫 NF (5))

レイチェル・カースン『われらをめぐる海
コーネリアス・ライアン『史上最大の作戦
R・K・レスラー、T・シャットマン『FBI心理分析官
オリヴァー・サックス火星の人類学者
クリス・アンダーソンロングテール
J・キャンベル、B・モイヤーズ『神話の力

 

ハヤカワ文庫FT

ゲイルズバーグの春を愛す (ハヤカワ文庫 FT 26)

ジャック・フィニイゲイルズバーグの春を愛す


ハヤカワepi文庫

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

カズオ・イシグロわたしを離さないで
アゴタ・クリストフ悪童日記
カズオ・イシグロ日の名残り
アントニイ・バークリー時計じかけのオレンジ 完全版
コーマック・マッカーシーザ・ロード
ジョージ・オーウェル一九八四年〔新訳版〕

 

クリスティー文庫

ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アガサ・クリスティーナイルに死す
アガサ・クリスティーオリエント急行の殺人
アガサ・クリスティーそして誰もいなくなった